マンションの管理組合とのトラブル

マンションは共同スペースがとても多いです。マンション全体のことを考えたりしながら行動をしなければならないこともあります。その中で、近隣のトラブルも少なくありません。 マンションに住んだことのない人の中にはよく知らない人もいますが、マンションには管理組合というものがあります。マンションは共有財産ですから、住民全員で管理組合というものを作って、みんなで運営・管理してくのです。ですが、多くの人が住んでいるマンションですから、管理組合の中でのトラブルも少なくありません。マンションの購入を考えてりいるのであれば、管理組合員としてそれなりに活動していかなければならないことも念頭に入れましょう。よくあるトラブルが、管理費や修繕積立金を滞納している人への対応です。マンションを購入すると、毎月のローンの他に、管理費や修繕積立金を払わなければなりません。この管理費や修繕積立金を合わせると結構な額になり、更に駐車場も使用していたりすると、毎月のローンと匹敵するような額になります。それだけの負担になるので、中には払えない人もいます。滞納者の情報は基本的に住民に対して大々的に公にしたりはしませんが、中には、マンションの掲示板に滞納者の名前と金額を大きく張り出して晒し者にされるケースがあります。そこで、住民同士のトラブルに発展してしまうのです。

一戸建て購入を考える

結婚を期に家を購入しようかと妻になる彼女と話し合っている。まずは、マンションか一戸建てかどちらにするか、から話が始めた。何と言っても、彼女の希望を優先させたいと思っている。夢は広がる。希望も膨らむ。資金も考え、ローン組も考え色々な方向性を考え合わせていき、自分達で出来る範囲内で考え、将来の事も考えながらの試行錯誤の家選び。一生に一度の大きい買い物だが、二人で頑張れば、小さくても良い我が家がほしい。マッチ箱のような家でもいいなあ。あっ、一戸建ての方を考えてしまったが、彼女はマンションかも知れないなあ。僕は、やはり一戸建てで育ったからどうしても、気持ちがマンションより一戸建てに傾いてしまうのだが。


彼女の意見や考え方を充分に聞き、また二人の意見を考慮しながらの一年が経ち。結婚して一年は、社宅生活でその間、共に働いて頭金にし、それ以降はローンを組み返済して行こう。と成りました。肝心な家購入どちらにしょうかは決まりました。彼女曰く、僕の家に初めて来たときの話をして彼女は幼い頃からずーとマンション暮らしだってのでカルチャーショックを受けたと。もし、結婚して家を持つなら断然一戸建てが良いと思っていたらしい。これで、二人の意見は一致し、一戸建て購入作戦突入だ。二人で力を合わせて頑張って、小さいながらも楽しい我が家獲得するまで走ろう。そして、両親に頑張った姿を見てもらう招待も企画するよ。喜んで涙するかも知れないなあ。


ついに、一戸建ての家を購入決定しました。狭いながらも、小さな庭もある。家庭菜園も楽しめるし、花も育てられる。夢は膨らむみ希望に燃える今日頃頃だ。ベランダから遠くの山々も見え空気も澄んでいる。春には小鳥達が来て水でも飲めるようにしておこうか。子供が少し大ききなったら、ブランコでも置いて楽しみさせたいな。一緒に花を植え、育てようね。何と言ってもバーベキューはしようよ。その頃はパパ、ママと呼ばれ賑やかな笑い声でみんな楽しそうに暮らしている。そんな、風景が見えて、今から楽しみにしている。やっぱり、戸建てで良かったと言えるように暮らし、生活満喫して行きたい。と二人で話し合っている。頑張ろうね。未来のパパ、ママより

Copyright ©All rights reserved.賃貸を選ぶ時の決め手.