一番重要なのは駅からの距離

そして、私の肝心の部屋の選び方です。私が何より一番重要視しているのは、首都圏の都会だと言う事もありきですが「駅からの距離」です(笑)。だって、車の無い生活だと毎日駅から徒歩なり自転車なり通うワケですよね。お部屋の家賃が安いといっても毎日駅から遠い家まで移動する疲労とストレスは日々溜まっていきます。それを考えれば、少し家賃が高くても駅からの距離が近い方が良いんじゃないかと思っています。他に、皆様が気にする部分が多いのは「お風呂とトイレは別か」とか「最初からの設備があるか」アパートであれば「壁の厚さ(騒音面)」あとは「築年数」等があると思います。今は若頃の内にプチマンションを購入してしまう人も多くなってきているそうですね。賃貸を借りるのと、また話や条件などが大きく変わってくる物だと思いますが。やはり自分の生活の軸になっている部分なのでお部屋は慎重に選びたいです。

マンションと一戸建てを比較検討して一戸建てを購入

私は32歳の会社員です。妻は30歳で2歳の男の子がいます。つい先日、大阪府の泉州地域で中古の一戸建ての住宅を購入しました。我が家の収入は、税込で500万円程度で、妻は専業主婦です。貯金は400万円程です。家計に余裕がある訳ではないのですが、2500万円中古一戸建てを購入しました。35年の固定金利での2500万円の住宅ローンを組みました。住宅を購入したいという気持ちは、妻が強く持っていたのですが、私はどちらかというと生涯賃貸でも良いという考えでした。しかし、妻の意見を尊重したい気持ちが私にはあったので、購入を決意しました。購入を決意してからは、マンションか一戸建てか比較検討する必要がありました。まず我が家の場合、予算があまりありません。そこで、一戸建てよりも安く購入可能なマンションの購入を考えました。新築マンションのモデルルームにも足繁く通いました。マンションならば2000万円程で買える物件も多々ありました。マンションは管理が楽で、防犯面も優れています。しかし、管理費、修繕積立金、駐車場代が想像以上に高く、特に修繕積立金は最初は安いのですが、年々上がっていくことに不安を感じました。また、子どもが小さいので、1階以外に住むと、足音で迷惑をかけてしまうのではと不安になりました。次に一戸建ての購入を検討しました。特に注文住宅での新築一戸建ては憧れがありましたが、自分たちの理想の家を作るには土地を合わせると4000万円は必要になります。我が家の家計では、とても無理な金額でした。また土地を探しても、私達が欲しいと思う土地はなかなか見つかりませんでした。そこで、建売の一戸建て住宅を考えました。しかし、建売でも、新築では3000万程の金額が必要でした。また、新築は一度購入すればそれだけで、10%以上資産価値が減少するということを知りました。そこで中古住宅の購入を考えました。中古住宅は、注文住宅の家でも築年数によっては安く購入できます。また土地も良い場所にあることも多く、掘り出し物があればかなり、良い買い物となります。管理費、駐車場代も必要ないことから、家族で良く相談して、中古一戸建ての購入を決意しました。中古一戸建ての購入は、とても良い選択であったと私達は考えています。

Copyright ©All rights reserved.賃貸を選ぶ時の決め手.